伝保人会は会津・磐梯・猪苗代の未知案内人です。

猪苗代の天気

会推奨宿泊施設

  • ペンションスマイル
  • ペンションぽぽんた
  • ペンションある日記
  • レイクサイド観光

賛助会員施設

  • アウトドア体験の宿 もくもく
  • 磐梯山ジオパーク
  • 猪苗代観光協会

いなわしろ POM!

体験活動安全管理講習会に参加してきました

2013年05月27日(月)22時39分

5月20日~22日の3日間猪苗代で行われた体験活動安全管理講習会に参加してきました。

私の苦手な分野だった読図もみっちり講習をうけました。そして、富士山で活躍をしているガイドさんと実際のフィールド(磐梯山)での講習も楽しかった。でも、改めて安全についていろいろ考える場となりました。

        by じゃむ

アップロードファイル 223-1.jpgアップロードファイル 223-2.jpgアップロードファイル 223-3.jpg

春のドヨメキ?

2013年05月22日(水)18時09分

おそろいの~ジャアジー~うごめく~五色沼
おそまつ。
お帰りなさい!子供たち!
裏磐梯の各探勝路が、賑やかになって、やっと元の雰囲気が戻りつつあるようです。

さあ、みんなおいで~。
伝保人のおじさん、おばさん、お姉さん、お兄さんが、ご案内~!

           by いのさん

アップロードファイル 222-1.jpgアップロードファイル 222-2.jpgアップロードファイル 222-3.jpg

「ジオ」を愛する人たちが集結?

2013年05月21日(火)16時57分

日本ジオパーク・新規ジオパーク公開審査を見学してきました。
今年度世界ジオ申請が3地域、日本ジオ申請が10地域。公開プレゼンでは、どの地域も猛烈に「おらがジオ」をアピール、審査員の先生方の容赦ない、じゃなくて愛のこもった質問にも果敢に答えていました。

審査会後の各ジオポスター展示巡りや懇親会では、他のジオの方々とあれやこれやと話が出来(それぞれジオ自慢?)、何だか日本全国のジオパークを巡った気分。
あっちのジオもこっちのジオも行ってみたくなりました。(でも島原や阿蘇は遠いよね…)

今日本のジオパークは25地域。今回審査の地域が秋に正式に日本ジオになれば、かなりの数になります。全国のジオを巡り、それぞれの「大地」を知れば、日本列島の大地の歴史も含めてかなりの「日本列島通」になるね、これは。
               byゆうこ

アップロードファイル 221-1.jpgアップロードファイル 221-2.jpgアップロードファイル 221-3.jpg

エゾハルゼミも鳴きだして

2013年05月16日(木)14時56分

今年になって県外の学校さんからの依頼が少しずつ増えてきました。
おかえりなさい、磐梯山へ。お待ちしていましたよ。
早速メンバー達と五色沼&桧原遊歩道の下見に。
ようやく木々の葉が出だした五色沼探勝路では、エゾハルゼミの声が聞こえてきました。

桧原遊歩道の楽しい吊り橋もお色直しで健在。今年も多くの子ども達の歓声に包まれることでしょう。
            byゆうこ

アップロードファイル 220-1.jpgアップロードファイル 220-2.jpgアップロードファイル 220-3.jpg

残雪の磐梯山

2013年05月15日(水)20時16分

13日の月曜日に、いのさんに誘われ行ってきました。普段の磐梯山とはまるで別物。楽しかったです。                   by アラッチ

☆百名山・磐梯山登山
プライベートガイド、団体様ガイド 
お問合せ、お申し込みはいなわしろ伝保人会へ
TEL:090-7799-3094

アップロードファイル 217-1.jpgアップロードファイル 217-2.jpgアップロードファイル 217-3.jpg

見て知って楽しもう!磐梯山ジオパーク

2013年05月15日(水)09時52分

先日FCTさんTV取材に同行。
磐梯山ジオパークについて紹介させていただきました。

「ジオパーク」って何?よく聞かれます。
地質とか地層って難しそうでなんかよくわからないのよね~、って思う方も多いでしょう。
私も最初はそうでした。え~今更地質なんて無理無理、って。
大丈夫、この私でもジオパークってなんちゃらかんちゃら、と偉そうにお伝えできるようになったのできっと皆さんもすぐに「な~んだそうなのね」と思えるはず。

「ジオパーク」=「大地との関係をまるごと楽しむ自然のテーマパーク」というわけです。

明治21年、125年前の磐梯山の爆発により誕生した裏磐梯の湖沼群。

1200年前、会津仏教文化発祥の地となった磐梯町の慧日寺。

猪苗代や磐梯山の成り立ち、はたまた日本の大地創造の様子も垣間見ることのできる、猪苗代町天鏡台からの大パノラマ。

猪苗代町、磐梯町、北塩原村の三町村に広がり、多様な関わりを知ることが出来る、のが磐梯山ジオパークの特徴です。

まさに、

火山と自然、人々の力との融合「百年ジオ」
文化と歴史の流れ「千年ジオ」
大地の創造「万年ジオ」     ですね。

磐梯山から湧き出る美味しい水も「ジオ」。
そこいら辺にあるでっかい岩も「ジオ」。
神社や歴史、植物もグルメもぜ~んぶ「ジオ」。

ほら、ジオが身近に感じられてきませんか?

磐梯山ジオパークには73のジオサイトがあるます。結構あるでしょ?
恥ずかしながら私も全てのジオサイトはよく分かりません。でも一つのジオサイトを知るともっと他の場所の事を知りたくなり、あら何だか磐梯山って楽しいわ、とだんだんジオが楽しくなる、という訳です。

皆さんも磐梯山の事をじゃんじゃん知って、ジオパークファンになってくださいね。
                 byゆうこ

(P.S.TV取材に同行して思った事。リポーターの今泉さん綺麗で素敵~。
TVに映った自分を見て思った事。日々美白やお肌のお手入れに気を配ろう。)

☆伝保人おすすめジオプラグラム

◇爽快!天鏡台パノラマジオ
◇猪苗代の史跡を歩こう
◇大地の力を体感!銅沼ジオ
◇写真片手にジオツアー
◇ぐるっとまるごとジオツアー(限団体様)

プログラムは全て有料。5日前までにお申し込みください。
お問合せはいなわしろ伝保人会 TEL:090-7799-3094

アップロードファイル 219-1.jpgアップロードファイル 219-2.jpg

イワウチワ鑑賞トレッキングを行いました!

2013年04月29日(月)22時35分

なかなかの、「登りがい」でした!

川桁山・イワウチワ鑑賞トレッキング。

本日、天候にも恵まれ、和やかな雰囲気で催行できました。

急な斜面の川桁山。
中腹までのコースとはいえ、ここはなかなか登りがいのあるコース。ちょっと疲れたかも(笑)

でもその分、イワウチワの花の場所にたどり着いた時の感動は格別のものでした。

ほかにもショウジョウバカマやキクザキイチゲ、フクジュソウなど春の花が私たちを癒し、励ましてくれました。

これからも「伝保人」では花に関する企画をたくさん行いますよ!

■「桜ウォーク」 5月1日(水)
 カメリーナ(猪苗代町総合体育館)午前9時20分集合
 (参加費用おひとり様1,000円 締め切り前日)

■「磐梯山花紀行」6/14、7/13、8/4、9/27
 (参加費用おひとり様2,500円 締め切り3日前)

■「初夏の雄国沼トレッキング」7/3、7/6
 (参加費用おひとり様2,500円 締め切り3日前)

by(岩)

アップロードファイル 216-1.jpgアップロードファイル 216-2.jpgアップロードファイル 216-3.jpg

雨が降ろうが雪が降ろうがどんとこい!?

2013年04月26日(金)22時04分

磐梯山ジオパーク内の桜の名所をめぐるツアーに「ジオガイド」として同行してきました。

先週の雪の影響もあり、猪苗代町内は開花が始まったばかり、北塩原村の「桜峠」は開花ゼロ・・・という状態でしたが裏磐梯の残雪や水芭蕉の姿が代わりにお客様の感激を呼んでいました。

また、途中雨が降り急きょ立ち寄った観音寺の「橋本広喜展」では、なんと先生自らがお客様を案内してくれ、これまた感動の一時となりました。

そして猪苗代で食べた「祝言そば」、磐梯町の慧日寺など磐梯山ジオパークはいつでも見どころ・食べどころ・学びどころ満載!

雨が降ろうが雪が降ろうが、どんとこいです!

by(岩)

アップロードファイル 215-1.jpg

おっ 咲いてる咲いてる、イワウチワの花が

2013年04月25日(木)20時31分

ようやく雪が溶けたばかりの里山に、ほら、小さな春が。
春の光を独り占めのイワウチワの花。
こりゃあ負けてはいかん、とショウジョウバカマも。
林にはアブラチャンの小さな黄色い花があっちもこっちにも咲いていました。
イワウチワ鑑賞トレッキングで春に会いにゆきましょう!!

「イワウチワ鑑賞トレッキング」 
日時:4月29日(月)
集合:午前9時 ホテルリステル駐車場
行程:2時間程のトレッキング
参加費:お一人様2,000円
*急登場所有り。
*トレッキングシューズ、登山靴でご参加ください。
申込締切:4月28日夕方

お申込は いなわしろ伝保人会へどうぞ
TEL:090-7799-3094

アップロードファイル 214-1.jpgアップロードファイル 214-2.jpgアップロードファイル 214-3.jpg

戊辰の道ウォーク 「会津若松編」

2013年04月17日(水)15時54分

先日ご紹介しました、「八重が生きた幕末・戊辰の道ウォーク」は猪苗代から鶴ヶ城まで。その時八重さんはお城でなじょしてたんだろう、と言うところが気になるところ。
そうよね~八重さんにゆかりのある所も行ってみたいわよね~ということで、戊辰の道ウォーク「会津若松編」のコースが出来上がりました。

西軍が攻めてきて、皆が籠城しに城へ入るその日八重さんがたどったであろう場所や、八重さん生誕の地などをたどる「八重の戦い・籠城編」。

そしてくしくもお城への攻撃の場となってしまった、西軍砲台跡のある小田山周辺を巡る「八重の戦い・砲撃戦編」。
先日コースの下見に行ってきましたが、なるほどここで八重さんが鉄砲を撃ったのね、とか、籠城の日この辺を鉄砲かついで城へと急いだのかしらとか、くそ~(あら失礼)この場所を西軍に取られたばっかりにばんばん大砲撃ち込まれちゃってとか、興味深い話やポイントが多々であります。

ガイド付の話と共に皆様をご案内するこのツアーで、会津への思いが深くなり(?)ドラマが更に楽しくなること間違いなし。

是非ご利用ください!!
                   byゆうこ

☆「八重の戦い・籠城編」コース
  城での戦いに加わる為、八重が自宅から入城する経路をたどる。 約4キロ・所要時間2時間

☆「八重の戦い・砲撃戦編」コース
  家老・西郷家の墓や、八重ら会津軍が守る鶴ヶ城に、大砲を打ち込んだ西軍の砲台跡のある小田山周辺の散策。
 約5キロ・所要時間約2時間

料金:9,800円(ガイド1名)
 
7日前までにお申込下さい。
詳しくはいなわしろ伝保人会へお問い合わせください。
TEL:090-7799-3094

アップロードファイル 212-1.jpgアップロードファイル 212-2.jpgアップロードファイル 212-3.jpg

copyright いなわしろ伝保人会